大田区の保育士支援制度

1.宿舎借り上げ支援制度

大田区では「宿舎借り上げ支援事業」を行なっています。大田区内の保育施設(認可保育所、小規模保育所、事業所内保育所、認証保育所及び定期利用保育室)に常勤で勤務されている施設長、保育士、保育補助者、調理員、看護師を対象に、法人が借り上げる宿舎に入居する場合、当該借り上げにかかる経費に対して、宿舎一戸あたり月額8万2000円(大田区負担7/8、法人負担1/8)の補助が受けられます。

※補助の金額や条件は、保育施設によって異なります。宿舎借り上げ制度の利用状況を必ず各運営事業者にご確認ください。
※補助は法人に対して行います。個人への直接補助ではありません。

2.保育士応援手当

大田区では区内の保育施設で働く保育士さんの処遇改善を図るため「保育士応援手当」を支給します。これは保育士さんの離職防止や勤続年数の上昇を促進することで、より質の高い保育の確保を目的に推進された制度です。

 

対象者は大田区内の私立保育園に勤務する常勤保育士さん(経験年数不問)で、6ヶ月間の継続勤務実績がある方となります。支給額は月額1万円で、年に2回、6万円ずつの支給となります。

 

現在、保育士さんの待遇改善策として、国の補助金が3万円、東京都からの補助金が4万4000円支給されていますが、大田区ではさらに月額1万円がプラスされることになります。

2017年07月10日