東工大てくてく保育園 訪問レポート

「おおた ほいく・ぽ~と」に掲載中の大田区内の保育施設を突撃取材! 施設の保育理念はもちろん、仕事のやりがいや魅力をたっぷりご紹介します。 さまざまな施設の職場レポートを参考に、自分に合った職場を見つけましょう。

 

てくてく保育園

てくてく保育園・中澤美和園長インタビュー

てくてく保育園

東京工業大学の大岡山キャンパス内に設置された事業所内保育所。東京工業大学で働く研究者職や職員をはじめ、学生さんや海外からの研究者職のためだけではなく、大田区に住む人にも開放されています。0歳から2歳児までを対象としており、園名には東京工業大学の英語略称の「TokyoTech(トーキョー・テック)」からテクノロジーの「テック」の意味と、子どもたちが「はいはい」「よちよち」から「てくてく」へと健やかに育っていくようにとの願いが、込められています。

PRポイント

  • 周囲は住宅街ですが、広大なキャンパス内に設置された静かな場所です
  • 海外からの研究者の利用も多く、国際色が豊かな保育園です
  • 少人数ならではの風通しの良さがあり、働きやすい職場です
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
 
 
 

子ども同士は不思議と違和感なく溶け込んでいます

イメージ

― ― 日本のみならず海外からも頭脳が結集する東京工業大学の中に設置された保育園とのことですが、やはり普通の保育園とは雰囲気が違いますか?

中澤園長もちろん大学の研究者、学生のために大学の施設内に作られた保育園ではあるのですが、大田区に在住していれば入園資格はあります。海外から来られた研究者の方のご子息やご息女も多いので、国際色が豊かという特徴はあるかも知れません。あとは0歳から2歳児までを対象とした保育園なので、ゆったりとした雰囲気はありますね。

― ― 大学内保育園ならではの悩みなどは?

中澤園長以前園長を務めていた保育園も、同じく大学内にありました。なので、大学に通われたり、お仕事されたり、研究をなさっている方が利用される学内保育園の役割というのは、ものすごく大事だと思っています。また、海外ご出身の保護者の方へのサポートも重要です。今はアジア圏、ヨーロッパ圏の方が多いですね。子どもたちとの会話は日本語ですが、保護者の方は日本語があまり得意でない方もいらっしゃいます。母国語はそれぞれ違うので、迎えに来られた保護者の方とは英語を中心にコミュニケーションを取らせていただき、できるだけお子さんの様子を伝えられるよう努力しております。

― ― 子ども同士のコミュニケーションはどのような感じですか?

中澤園長日常生活においても、何か遊ぶときでも、海外出身の子どもたちは、不思議とほとんど違和感なく日本人の子どもたちに溶け込んでいますね。0~2歳児までという点もあるのでしょうが、子ども同士、通じ合っている部分があるように思えます。それでもやっぱり「文化の違い」はどうしてもあるので、日本の保育園では、ごく当たり前に行われているお昼寝、食事のメニューや方法などについても、保護者の方にはできるだけ丁寧に、細かく配慮しつつ伝えるよう努力しています。

少人数ならではの創意工夫とコミュニケーション

イメージ

― ― 地域交流も盛んと聞きますが?

中澤園長当園は大学の広い敷地の中にあり、大変静かで落ち着いた環境なのですが、いわゆる「園庭」がありません。大田区の区立保育所が園庭を開放してくださっているので、遊びに行って、地域との交流を深めています。

― ― 少人数の保育園ですが、どんなメリットがありますか?

中澤園長子どもの人数が少ないので、細部にまで目が行き届きやすいですし、保育士の人数も多くないので、クラスごとではなく、全員での打ち合わせの時間が持てるという点がメリットですね。人数が少ないからこそ、創意工夫や自らの発信というのが重要視されていて、保育士同士が話し合って、共通の項目、共通の目的を持ちつつ保育に取り組んでいます。たとえば保育士から「保育の中でこういう活動をやってみたい」「行事の中でこんなことをしたらどうか」などと相談されたら、「まずやってみよう」と応じることも多くあります。園長として、保育士が自分で考えて取り組んでいくためのサポートをしていこうと思っているからです。たとえそれが期待したような効果が上がらなかったとしても、保育士の経験になってくれれば、「経験値」という貴重な財産になりますからね。

園長プロフィール

中澤美和(なかざわ・みわ)。1973(昭和48)年、宮城県出身。辛い出来事に遭遇した小学校1年時に、通っていた保育園の先生から、いつもお昼寝時に読んでもらっていた絵本『ポケットの中の赤ちゃん』(宇野和子・作&絵)をプレゼントされて、励まされたことをきっかけに保育園の先生を志し、保育学校卒業後に保育士に。結婚を機に仙台市内に移り住み、園長も経験。2017年より東京に拠点を移し『てくてく保育園』の初代園長に就任。

  • イメージ

    子どもたちの午睡中、保育士さんたちは創意工夫を凝らしつつ「工作活動」。

  • イメージ

    キャンパス内の国際交流会館本館1階を本格改装した上で保育園に

  • イメージ

    栄養士さんとの打ち合わせもバッチリ!

保育施設情報

てくてく保育園(運営法人:ヒューマンライフケア株式会社)
設立
平成29(2017)年4月1日開園
所在地
東京都大田区石川町1-1-18 東京工業大学国際交流会館本館1階
 
  現在募集中の求人はこちら

  他の保育園情報も見る

2017年08月03日