MIRATZ大鳥居保育園 訪問レポート

「おおた ほいく・ぽ~と」に掲載中の大田区内の保育施設を突撃取材! 施設の保育理念はもちろん、仕事のやりがいや魅力をたっぷりご紹介します。 さまざまな施設の職場レポートを参考に、自分に合った職場を見つけましょう。

 

MIRATZ大鳥居保育園

MIRATZ大鳥居保育園 石原諒園長インタビュー

MIRATZ大鳥居保育園

1~2歳児を対象とした小規模園であるMIRATZ大鳥居保育園は京浜急行空港線の大鳥居駅を降りてすぐそば。道路地図で説明しても環状八号線と産業道路の交差地点と大変わかりやすい場所にあります。いわゆる「園庭」はありませんが、すぐ近くに都内屈指の広さを誇る萩中公園があるため、遊び場やお散歩コースには困りません。2018年4月にオープンしたばかりとあり、現在、園長と保育士、スタッフ一同が「一から作り上げている」感覚で、保育士さんの笑顔が絶えないアットホームな雰囲気に包まれています。運営側の方針で「1時間残業したら、別の日に1時間早く帰れる」という、保育業界では珍しい変則労働制を導入しているのも特徴的です。

PRポイント

  • 2018年4月にオープンしたばかり。職員同士の仲が良いアットホームな園です。
  • 京急・大鳥居駅のすぐそば。近くには都内屈指の広さを誇る萩中公園があり、遊び場とお散歩コースには事欠きません。
  • 保育業界では珍しい「変則労働制」を導入。1時間残業したら、別の日には1時間早く帰ることができます。
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
 
 
 

― ― 2018年4月にオープンしたばかり。保育園の運営はいかがでしょうか?

石原園長みんなでイチから作り上げているという感じです(笑)。保育理念とはいっても、私の場合は「子どもたちが自由にのびのびと過ごしてくれればいい」ということが基本で、保育の細かい部分は各保育士に一任しているところはあります。その保育士たちが働きやすい環境を整備するのが園長の仕事ではないか?と。

― ― 子どもたちは、みんな人懐っこい笑顔を絶やしませんね。保育士さんを信頼しているのがうかがえます

石原園長うちの自慢は保育士同士の仲が凄く良いことです。その雰囲気が子どもたちにも伝染しているんですかね?(笑)。私もここで園長になるまで、いろいろな園で働かせていただきましたが、ここは断然、保育士の仲が良い。いわゆる保育士同士の悪口というのを聞いたことがない。もしかすると「園長の悪口」で一致団結しているのかも知れませんが、それならそれでいいです(笑)。1~2歳の子どもたちは昼食後、すぐに寝てしまうので、子どもたちの寝顔を見ながら毎日、全員でランチしながら世間話をするとか、コミュニケーションは取れています。働きやすいアットホームな保育園だと思いますよ。

元牧場勤務、若き男性園長は異色の経歴の持ち主

イメージ

― ― 園長先生ご自身、保育士を目指そうと思ったきっかけは?

石原園長ある時期に保育士の仕事を「遊びを仕事にできるなんて面白そうだな」と思ったことがきっかけでしたね。私は保育士になったのは30歳なんです。もともとは動物園の飼育員になりたくて、農業高校で畜産を専攻し、卒業後は動物系の専門学校に進み、北海道の鹿追町にある牧場に就職しました。帯広市街から車で40分ほど飛ばしたあたりの牧場です。そこで毎朝、3時に起きて牛の世話をしていました。4~5年間、そんな生活をしておりましたが、あまりの寂しさと人恋しさに、また都会へと戻り、今度は結婚式場で働きました。ちょうどその頃、保育の仕事に興味を抱きまして、朝の7時から夕方4時半までパートで保育園で働かせてもらい、午後6時から10時まで夜間の学校に通って、3年がかりで保育士の資格を取りました。その後、正式な保育士として杉並区内の保育園に勤務し、2018年4月より、こちらで園長として働いております。

― ― 大鳥居保育園に来るまでが波乱万丈ですね(笑)

石原園長楽しい場所、楽しい場所を求めていたら、ここに来たという感じです(笑)。そんな私から保育士さんたちに「教えること」なんて実は何もなくて、「自由にやってみましょう」というだけなんです。みんなが働きやすい環境を作ることを心がけるだけですよ。

珍しい「変動労働制」を導入しています

イメージ

― ― 保育士さんたちにとって残業や休暇の件は重要なポイントになります

石原園長残業に関しては、園長から「残業してください」と言うことはないですね。だけど自主的に「今日、ちょっと残業したいんで」という場合はOKしています。うちは運営側の方針で「変則労働制」というのを採用しておりまして、たとえば1時間残業したら、翌日は1時間早く帰れるとか。極端な話、2日間ぶっ続けて働いて、2日間まるごと休むというのも可能です。毎日10時間働いたとしたら、最終の金曜日は1日休みとか、週4回勤務の3日休みというのも出来るんです。法人の決めた規則なんです。土曜日出勤の代休もしっかり取れています。あとパートさんでも保育士資格を持っている場合は、月額で1万円がプラスされるなどの優遇処置も取っていますね。

― ― ユニークな制度を導入されていますね。最後にどんな人材に来ていただきたいと思っていますか?

石原園長どちらかといえば「保育」でガチガチに凝り固まった方よりも、柔軟性のある方のほうがうちには合うかも知れません。たとえば昔、保育士をやっていて、出産や子育てを経て、ややブランクがあるという方のほうが、周りを柔らかく見る目が養われていると思います。ぜひ、お待ちしております!

園長プロフィール

石原諒(いしはら・りょう)。1982(昭和57)年、兵庫県神戸市出身。幼少時から動物飼育員を目指し、動物専門学校を卒業後は北海道鹿追町の牧場に就職。約4年間、乳牛の世話をする。その後は東京や千葉の結婚式場に転職。その後、保育に興味を抱き、保育園でパート勤務しつつ、3年間、夜間の学校に通いつつ30歳で保育士資格を取得。杉並区内の保育園で保育士として勤務後、MIRATZ大鳥居保育園で園長に就任。趣味は幅広い「モノ作り」で、木工からマイミシンを駆使しての洋服作りまで多彩。

  • イメージ

    一人ひとりの子どもに、より深く関われるのも小規模保育園の魅力

  • イメージ

    アットホームな雰囲気は子どもたちの笑顔に集約されています

  • イメージ

    明るい室内でのびのびとした子どもたちと過ごします

保育施設情報

MIRATZ大鳥居保育園(株式会社MIRATZ)
設立
平成30年4月1日
所在地
東京都大田区萩中3-8-8-1F
 
現在募集中の求人はこちら

他の保育園情報も見る

2018年12月05日