太陽の子南雪谷保育園 訪問レポート

「おおた ほいく・ぽ~と」に掲載中の大田区内の保育施設を突撃取材! 施設の保育理念はもちろん、仕事のやりがいや魅力をたっぷりご紹介します。 さまざまな施設の職場レポートを参考に、自分に合った職場を見つけましょう。

 

太陽の子南雪谷保育園

太陽の子南雪谷保育園 関昭子園長インタビュー

太陽の子南雪谷保育園

2018年4月にオープンしたばかりの「太陽の子 南雪谷保育園」は区内屈指の閑静な住宅街にあります。新築の園舎は豊富な木材が使用され、天井も高く広々と太陽光が注ぎ込む明るい間取りで、職場の居心地の良さだけでも十二分に魅力的です。区が主催の研修だけでなく、園内研修も充実しており、お互いがこれまでに身につけてきたモノ、新たに学んできたモノを、遠慮なく職場で共有し合い、さらにブラッシュアップし、保育士さんのさまざまなエッセンスを育ててくれる土壌があります。また給食では、北海道の専用ファームから野菜を取り寄せたり、2人の栄養士さんによる独自の献立で、国内や世界各国の「郷土料理」を堪能するなど「食育」にも力を入れています。

PRポイント

  • 蒲田にも五反田にもすぐ。自由が丘にも武蔵小杉にも近い便利な立地。働きやすく暮らしやすい街です。
  • 子どもの「非認知能力(言葉にならない非言語能力)」を養う保育をしています。
  • 木材がふんだんに使用された、光あふれる居心地の良い園舎です。
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
 
 
 

― ― 室内は木材がふんだんに使われていて、天井も高いので開放感がありますね

関園長木がいっぱいで、とても居心地が良いですよ。建物だけじゃなくて、大田区のこの辺りは保育士にとって、すごく働きやすい環境だと感じます。とにかく保護者の方々が温かく優しいです。皆さん大らかですし、皆さん、当然のように時間を守って下さいます(笑)。私自身も、ご近所に住んでいるのですが、とても住みやすく暮らしやすい街だと思います。大田区独自の家賃補助制度もすごく助かっています。よその地域で保育士として働いている知り合いに説明すると、みなさまに「うらやましい!」と驚きますね。

― ― 最寄駅は東急池上線の『雪が谷大塚駅』か『御嶽山駅』になりますね

関園長はい。池上線ですぐに蒲田か五反田に出られますし、自由が丘もすぐそば。多摩川を渡れば、すぐに武蔵小杉とか、どこに行くにもすごく便利な場所です。 ちょっと移動するだけで、すぐに都心に出られますから。

― ― そもそも保育士になろうと思ったきっかけは?

関園長私、ちいさい頃からおてんばで、女の子ながらガキ大将でした。静岡県の三島市出身なんですけど、当時の三島はまだ自然が豊富で、田んぼや原っぱ、近所の神社で小さい子たちを集めて、縦割りの組織を作りつつ遊び回ってました。今は田んぼがスーパー(マーケット)となり、遊び場にしていた神社は新幹線の開通(1964年)によって、場所を移転しましたけど。当時から小さい子の世話をするのが好きで、中学生時代には保育士になることを決意して、保育科のある高校に進学して、国家試験に通り、高校卒業と同時に三島市内の公立保育園で働き始めました。弱冠18歳にして「先生」と呼ばれておりました(笑)。

15年間のブランクから復帰しました

イメージ

― ― 以降、何十年間を保育士として活躍されたと

関園長いやいや。18歳で保育士となり、わりとすぐに結婚して、1978年に20歳で出産して1回退職しました。それから3人子どもを産んで、一番下の子が8歳になった1993年に、その頃は主人の仕事の関係で富士市に住んでいたので、富士市内の社会福祉法人園で15年ぶりに保育士に復帰しました。東京に出てきて4年目、55歳の時に杉並区内の保育園で初めて園長になりまして、こちらで4園目になります。立ち上げも4園目です。若くして子どもを産んだので、長女はもう40歳です。孫は全員男の子ですよ。本当はゆっくりと孫の面倒を見るつもりだったのですが、なかなか忙しくてそうもいかないのが悩みですね。

― ― では、一緒に働いている保育士さんたちの多くはお子さんとほぼ同世代ですね

関園長娘や息子たちと同年代ですから、だいたいお悩みのツボは理解できますよ。パソコン周辺のアレコレも息子に教わってマスターしました。しかし、ある年の「母の日」にエクセルか何かの手引書がドンッと贈られてきまして…要は「いちいち電話で聞かずに、自分で勉強しろ!」ってことだったみたいで(笑)。とりあえずパソコンを駆使して、保険とか年金のことでも保育士をサポートして負担を減らしてあげることには役立っています。

保育に情熱がある方ならば年齢は問いません

イメージ

― ― 園長としては、どんな人材に来ていただきたいと思っていますか?

関園長年齢は問わないです。個人的な希望を言わせてもらえば、自分が60代に突入してしまったので、同じ60代の仲間が欲しい!(笑)

― ― そういえば玄関入口に、素敵なケーキやお花が飾ってありますが、あれも園長先生の手作りだとか?

関園長あれは私の趣味です。お花はペーパークイリング(紙をクルクルと巻いて作るペーパーアート)で、毎月、ここに新作を飾らせてもらっています。ケーキのほうは「フェルトスエッツ」という手芸です。お菓子なんかの缶を、タオルやフェルトで加工して装飾したものです。子どもたちだけでなく保護者のみなさんも、よく写真を撮ってくれていますよ。流行りの「インスタ映え」ですかね?(笑)

園長プロフィール

関昭子(せき・あきこ) 1958年、静岡県三島市出身。幼少時より小さな子の面倒を見ることが好きで、中学生時代には保育士になることを決意。保育科のある高校に進学し、高校卒業と同時に三島市内の公立保育園に勤務した。結婚、出産後の21歳で退職。以降、専業主婦として1女2女の子育てに追われ、1993年に富士市内の社会福祉法人園で15年ぶりに保育士復帰し11年間勤務。2004年から10年間にわたり富士市内の公立園に勤務した後、東京に進出。杉並区内の保育園で園長に就任し、立ち上げも4回経験した。2018年4月より太陽の子南雪谷保育園の園長に就任。趣味はバレーボール、ジム通い、ペーパークイリング、フェルトスエッツなど動に静にと多彩。

  • イメージ

    近所にはお散歩にピッタリな公園がいっぱい

  • イメージ

    これが噂の園長先生の手作り、フエルト製のデコレーションケーキ

  • イメージ

    玄関に置かれたタブレットで登園・退園を管理

保育施設情報

太陽の子 南雪谷保育園(HITOWAキッズライフ株式会社)
設立
平成30年4月1日
所在地
大田区南雪谷4-14-11
 

他の保育園情報も見る

2019年03月07日